読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行く末トーキー

はじめからはじめよ

チケットという悩ましい問題

やや愚痴

刀ステのチケット、DVD先行で2枚自力当選したあとはすべて全滅でした。まぁ2回(うちプレミアム1回)行けるし、当日券もあきらめずにいく所存なので自分としてはそこそこ心穏やかにこの結果を受け入れています。ただ執着心が恐ろしく強いのです。粘り強さにかけてはそう簡単に負ける気がしません。

他の方の様子を見ていると、やはりチーム戦で取りに行った方は強いですね。母数が多いので当たり前ですが。1人(正規のアカウント1つ)で戦うには分が悪すぎる。だからといって見ず知らずの人と「絶対に行きたい」と思っているチケットのやり取りをできるほど私は寛大ではありません。ちょっと興味がある程度で、もし7000円くらいをすられたとしても致し方ない、高い勉強代だったと諦めるだけの精神はありますが、何が何でもと思っているときにそれをやられたら多分住所とか突き止めて追い詰めに行く程度には執着します。そうなると互いに不幸だと思うのでそもそも手を出さないようにしようかな、というのが正直なところです。

でも今回の件でDVD先行が有利だとわかれば、次回以降同じことをするにも倍率が上がるだろうし、自分の運がそこまで信用ならないこともわかっているので難しいですね。そもそもどうやってそういった関係を広げるのかコミュ障ぼっちにはわかりません。あ、教えてほしいとかそういうわけではないです。何か人によってそれぞれの秘訣とかあるんだろうなーと思うだけです。

日舞台とは縁遠い友人に刀ステのDVDを貸したところそれなりに気に入ってくれたようですが、その人はチケット取りに参加していません。私も手伝ってくれとは言いませんでした。10年来の付き合いだけどね。やはり2時間ちょっとのために8000円くらいを払うのは勇気がいるとのことでした。もっともですね。私も先々の予定を立てる際に本当にこの金額を払って安心していられるか不安になります。今支払い済のチケットの中で一番遠いのが8月…かな? はたしてそれまで舞台を好きでいられるのでしょうか、少し不安です。でもそれに見合うだけの経験をしているから、と自分を励ましているような気がします。

そうやって少しずつ新規勢を増やしていく際に、やはり壁となるのが「見たい作品のチケットが取れない」だと思います。もちろん以前からいろいろな舞台を見に行っている方が私には想像もつかないような努力をしてチケットを抑えていることはわかります。舞台は生き物だから何度も見たくなりますしね。ただ、誰だってドのつく新規だった時期があったはずなんです。そこから、今私が憧れている?層に至るまでにはどんな段階を経ているんだろうなー…とぼんやり考えてました。そこまでに舞台への熱が下がらないといいのですが。

あと再就職決まって明日から働きます。これは報告でした。