読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行く末トーキー

はじめからはじめよ

推しのいる映像がしんどい話

私生活がわりとのっぴきならない状況だしネタもないのでちょっと放置してた。

初恋モンスターの配信も延期されてつらいし…ソルシエは来たけど4月1日にプレミアム登録して見る予定。どっちも見たら総合した感想書くつもり。

あと刀ステ日程が結構つらいやつだったけどそれもまた別の機会に。

そういえば配信が始まってたラブホの上野さん第10話 、恋のヒエラルキーを見てきた。

fod.fujitv.co.jp

続きは感想とか見たときの雑感とか。タイトルにもある通りしんどい話です。

2017/03/28 追記

続き書きました

goodbye-talkie.hatenadiary.jp

先に見た人の感想やら何やらで「荒牧さんがちゃらい」ことは知っている+「ラブホの上野さん」ネタは知ってる(Twitterで何度か見た)程度の前情報を持って見た。

が、謎のしんどさを感じてわずか20分なのに何度も一時停止ボタンを押して一休みしながら通して見た*1。なんでこんなにしんどいんだろう…と思いながら見ていた。

荒牧さんがチャラい役だったから? いやそれは蔵王立で存分にチャラかったし… じゃあ女性と絡んでたから? まぁ確かに今まで自分が見てきた舞台なり映像なりで女性とはっきりした絡みがあったのは初恋モンスターくらいだし、それも「絡み」と数えていいのか微妙なライン*2だし…でも自分はリアコ勢ではないしむしろ荒牧さんに良縁があるならその時はご祝儀全力で用意したい!勢だし… 上野さんに言い負かされてたから? それならミラステの時の景虎vs直江のほうがきっつい負かされ方だったけどその時はものすごく引き込まれてたし…じゃあなんでなんだろう…どうしてこんなにしんどいんだろう…とぐるぐるしてた。今も少し後味が悪いので初恋モンスターのゲネ動画見てる。

しんどいと言えば、ロスモワの伏見仁希も相当だった。キャラクターそのものもなかなかに強烈だし、それが荒牧さんによって演じられるといういろいろな意味での意外性(荒牧さんの普段の言動とかけ離れてるとか、そもそも劇中で兼役してるとか)があって初見時は相当なしんどさを覚えた。でもそれだって一時停止ボタンを押すことはなかった。見たくない、目を耳をふさぎたいと思うこともあったけれど、それはどちらかというと仁希の亡霊に付きまとわれている(ように見える)猿比古がつらくてしんどくて見ていられない、のほうが近い感覚だった。というかロスモワそのものがしんどくてつらい話だから当たり前かもしれない。

その時と今とでは何が違うのだろう。単純に話の合う合わないだけではない理由がありそうな気がする。それを掘り下げて考えるには見返す必要があるんだけど、もう一度あのしんどさを味わうのはちょっとなぁ…

結論が出ないけど、なんかしんどかったという話でした! 時間を置いたらまた見るかもしれない!

とりあえず最後上野さんがあの2人のフォローに入ったかどうかだけ知りたいです!

*1:記事を書き始めたときはまだ開始10分ほどのところだった

*2:手の甲キスは最高に甘くてかっこよかったですがそもそも小学5年生!!!